教室・講師紹介


和 -Nagomi-について

当料理教室を主宰するにあたり、稲穂がたわわに豊かに実るように成長していくイメージが思い浮かび、和 -Nagomi-という名前をつけました。
「和」という字の中にある「禾」は穀物、「口」は人の口で、人は「穀物を口にする」ことで、心も身体も満たされ、豊かになります。
それが平和の「和」。またマクロビオティックでいう陰陽調和の「和」。身体も心も調和が取れると穏やかな気持ちになります。
食を通して、一人一人の内面に少しでも平和が生まれれば、家族にも平和と平穏がもたらされ、そのような家族が増えれば、世界が平和に近づくのではないでしょうか。そのような願いが和 -Nagomi- には込められています。
本物の素材、調味料で、シンプルに心を込めて作る。そんな、かみしめるほどに心も身体も喜ぶようなマクロビオティック料理を提案していきたいと思います。


講師プロフィール

櫻井 裕子(さくらい ゆうこ)


マクロビオティック  クッキングスクール  リマ藤が丘校(和‐Nagomi‐)を主宰(2018年9月より開校)。クッキングスクール  リマ本校の専任講師(初級と中級を担当)。

現在に至るまで、クッキングスクール  リマ認定インストラクター&認定メディカルシェフとして、本校でのスタートセミナーや、各地域の自然食品店でオーサワジャパン(株)協賛のもと、番茶や生姜湿布のお手当法のセミナーなどを担当。
自宅では、小さいお子さんを持つママたちを対象に、マクロビオティック料理教室を主宰。基本・応用のマクロビオティック料理、基本のお手当法、アトピーなどの症状別食箋・お手当などをご紹介。
 
三児をマクロビオティックの食事法で子育て中。
長女の妊娠中に生じた体調不良をきっかけに、マクロビオティックの食事法を学ぶ。食事を変えたことで、自身のアトピー性皮膚炎や喘息などのアレルギー症状が改善。
さらに、太り気味で体調不良を訴えていた主人も学生時代の体重に戻り、健康体に。子どもたちに深刻なアレルギー症状も出ず、病院にお世話になることがほとんどない丈夫な身体に成長する姿を目の当たりにし、毎日家族が口に入れる食べ物の大切さを痛感。
現在、食を通して、たくさんの人の幸せ度がアップすることを願い、普及活動中。